スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

岬くんの受難な日々~後編~

岬くんの受難な日々~後編~

あのツーショット写真を、
翼くんに送ってから10日余り。

休日のサッカー部の練習も午前で終り、
納得できないところがあった僕は、
練習するためにひとりいつもの土手にむかった。
そこで後ろから呼び止められた。

「岬くん・・・」


えっ?この声・・・。


嘘?・・・

なんで?

「翼くん?」

そう、僕を呼びとめたのは翼くんだった。


「え~、びっくりした。なんでここにいるの?」

「何でってこの写真。説明してほしいんだけど・・・」

「これだけのために日本にまできちゃったの?」

「これだけってどういうこと?ちゃんと説明してよ」

確かに連絡待ってたけど。
エアメールか、電話かなって思ってたんだよね。

まさか本人が目の前に現れるなんて・・・。

「えっと、あの・・・」

正直かなり焦った・・・。

「ごめんね。怒らないでよ。」

「怒らないでって方が無理だと思うんだけど」

確かにおっしゃるとおりです。はい。

「早苗ちゃんがね、翼くんから連絡ないの淋しがってたよ。
最近ずっと元気なかったから・・・。
ここまですれば翼くんも連絡して来るかなぁって・・・」

連絡貰うためにやったことだと、
あの写真と手紙送ったいきさつを説明し・・・。

「じゃあ、この写真は?
なんで岬くんが早苗ちゃん抱きしめてるわけ?」

「それも誤解で・・・」
と説明するんだけど納得してない様子・・・。


「それより早苗ちゃんとは会ったの?」

「いや、まだ。
まず、岬くんとはっきりさせたかったから・・・。」

「僕と話してるより、
早苗ちゃんと会ったほうがいいんじゃないの?
と、いうよりそうして。
ね。早苗ちゃん待ってるから」

怒る翼くんを必死に宥め謝り・・・。

早苗ちゃん呼び出し、写真の事情も説明し・・・。

最後には、

「じゃあ、俺は、岬くんにはめられたってこと?」

と納得してくれたようだけど・・・。

あとは二人でよろしく・・・。

と僕が立ち去った後、二人がどんな話したかは、わからないけど、

早苗ちゃんも翼くんとの思いがけない再会に、

びっくりしてたみたいだけど喜んでたし・・・。

翼くんも早苗ちゃん会えて嬉しそうだったし。

ブラジルから日本にまで来るのは予想外だったけど、
却ってよかったかも。

でもぼくにとっては・・・。

翌日・・・。

翼くんと僕が話し合ってる写真と、
翼くんと早苗ちゃんのツーショット写真が、
新聞部によって貼り出された。

いつの間に撮られた?


どうやら僕が翼くんに責められ、
早苗ちゃんにふられたことになってるらしい。

はあ~。

まあいっか、早苗ちゃん翼くんに会えてうれしそうだったし、元気になったし。

でもやっぱりサッカー部のみんなは、この噂楽しんでるわけで・・・。

放課後部活に行く前、僕のクラスの教室に集まった。

そしてからかってくるみんな。

「ねーね。岬くんって中沢さんに振られちゃったみたいね」

「かわいそうね」

「今がチャンスよ」

と女生徒の口真似する修哲トリオ。

「別に僕が早苗ちゃんに振られたことになってるのはかまわない。
かまわないけど・・・。
でもでもチャンスって何?
なんでそうなるわけ?」

「きっと振られて落ち込んでるわよ」

「わたしが慰めてあげる」

高杉くんや森崎くんまで・・・。

「今はそっとしておいたほうがいいんじゃない?」

「え、こういう時こそチャンスだと思うんだけど・・・」

ゆかりちゃん、早苗ちゃんまでにからかわれ・・・。

はあ。

今日一日でサッカー部のみんなが言う、

そんなようなセリフ何回聞いたか?

そう、女子生徒が囁き合ってたセリフ。

囁くのとは違うか。
僕に、聞こえるように言ってたのが分かるもの。

「普通そういうセリフ、本人に聞こえるように言う?」

もう嫌だ。疲れた~。

「なんかとんでもないことになちゃったみたいね。
でも、あれはちょっとやりすぎよ」

「そうそう。翼くんわざわざブラジルから出てきちゃったんだもの」

ゆかりちゃん、早苗ちゃんに責められ・・・。

「もてる男は大変だねぇ」

と浦辺に肩たたかれ・・・。

学校内では色々噂され、
サッカー部のみんなにはからかわれ・・・。

翼くんには色々言われ怒られ、宥めるの大変だったし・・・。

う~。もう泣きたい気分・・・。

でもこれで終わらなかった・・・。


もうひとり、宥めて、誤解を解かなければならない人が待っていた。



数日後の真夜中、電話のベルで起こされた。

何?何?今何時?

こんな時間に誰?

電話に出ると受話器の向こうから、

「ちょっとどういうことよぉ。岬くん」

という女の子の怒った声が聞こえてきた。

「えっ?あづみちゃん。なにがあったの?
日本は真夜中なんだけど」

「何じゃないわよぉ。
あんな写真送ってきてどういうつもりよぉ」

「え???何のこと?」

頭の中は??????状態だった。


「ねえ、そっちに彼女いるんでしょ?中沢早苗さん」

「え、なんで知ってるの?」

「とぼけないでよ。
岬くんが彼女とのツーショット写真送ってきたんじゃないのぉ」


え?・・・

「なんで知ってるの?ってことは認めるんだ?」

「違う違う。そうじゃなくって」

なぜ?早苗ちゃんのこと知ってるの?ってことなんだけど・・・。

ん?
早苗ちゃんとのツーショット写真が送られてきた?

「あーー。」

やられた!!!

こういうことだったのかぁ。

翼くんがブラジルに帰る時、

責任感じた僕は成田空港まで見送りに行った。


「ごめんね。翼くん。」

「もういいよ。早苗ちゃんとも会えたし・・・、
岬くんやみんなとも久しぶりにサッカーできたし。」

でも、そのあとこう言ってたんだよね。

「岬くんもフランス行ってくれば」って・・・。

このことだったのか。

それにサッカー部のみんな。

「フランスの彼女とはうまくいってるのか?」

「そうそう、翼くんのこと言えないんでしょ」

「岬くんも全然連絡してないんじゃないの?」

「でも、そのうち向こうから連絡来るかもな」

なんてこと言ってきて・・・。

サッカー部のみんながあの写真、
あづみちゃんに送ったんだ。


ん?ちょっとまって、岬くんが送ってきた?

「え~、僕が送ったことになってるわけ?」

「なによぉ・・・」

弱っちゃったなぁ・・・。


この電話の後、みんなから詳細を聞くことになるんだけど・・・。

早苗ちゃんと翼くんが二人で話した後、

せっかくだからみんなでサッカーやろうということになり、
みんな呼び出された。
僕が呼び戻されたのはこの相談の後だったそうで・・・。

翼くんが、
「岬くんにはめられた。なんか仕返しできないかなぁ」
とか言いだし、サッカー部のみんなが協力。


「翼、その写真貸せ」と石崎くんの申し出に、

「え、どうするの?」
と戸惑い気味に渡す翼くん。

「そっか、その写真フランスの彼女に送るつもりだな」と浦辺。

こういう悪戯なノリはこの二人好きそうだもんなぁ。

「おお、いいねぇ。その考え」

「おもしろくなりそう」

「でも何で石崎が住所知ってんだ?」

修哲トリオも相変わらずノリがいい。

Jrユース遠征時、
どうやら石崎くんはあづみちゃんに連絡先渡したらしい。

僕から連絡のないあづみちゃんが心配して、

岬くんどうしてる?って石崎くんに連絡があったそうだ。

で、この計画思いついたみたい。

「わたし、便箋と封筒なら持ってるよ」

そう言って差し出したのは早苗ちゃん。

翼くんに手紙書くためにいつも持ち歩いてると聞いたことが・・・。

「岬くんありがと。翼くんに会えて感謝してる」

と言ってたのに・・・。

そこで便箋と封筒差し出す?・・・


「なんて書く?」

「どうせなら、岬の名前で出しちゃえ」

誰だこう言い出したのは。

「『僕の大事な人です。』って書いとけばいいかなぁ」

「ちょっとやりすぎじゃないの?」

そう言う翼くんも笑ってたそうで・・・。

僕のいない間にそんな話で盛り上がってたのね。


こんなやり取りがあって、

あづみちゃんにあの写真を送ったそうだ。

それも、それも、差出人は僕の名前で・・・。

そこまでしなくても・・・。

あづみちゃんと電話してる時点ではこの話知らないわけで・・・。

何をどう説明していいかも分からず・・・。

「ちょっと岬くん聞いてるのぉ?」

「はい。聞いてます」

こんな真夜中に、いわれのないことで怒られてる僕って一体・・・。

あづみちゃんはあづみちゃんで、
時差も何もかもわからないくらいパニックってるし・・・。
それによく見れば僕の字かどうかわかると思うんだけど・・・。

「もういい。私も恋人作ってやるぅ。
フランス人の恋人作ってやる」

「え、だめだめ、それは絶対だめ。」

「だってだって・・・」

はあ~。困ったなぁ。
どうすればいいんだろ?


誤解を解くためにはほんとにフランスまで行かないとダメかな?

と何度目かのため息をつく僕がいた。







あとがき

書いてる途中で思ったんだけど、
やっぱり岬くんって女の子呼ぶ時、
「早苗ちゃん。ゆかりちゃん」と名前でなく、
「中沢さん、西本さん」と苗字で呼ぶかなぁ?
フランス帰りな彼だから、
ファーストネームで呼ばせちゃったんだけど・・・。

○○ちゃんと呼ぶのはあづみちゃんだけかなぁ?やっぱ。

確か、翼くんだって告白した後「早苗ちゃんになったのよね」

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。