スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

近くて遠い 遠くて近い蒼空4

『近くて遠い 遠くて近い蒼空4』




それからは、辛いことがある度、

『岬くんなら大丈夫!だって、岬くんは岬くんだから』

というあづみのセリフが頭に甦り、頑張ることができた。






練習中に、よく思ってくれてはない例の先輩、田所先輩、崎沼先輩達から、
嫌がらせなど仕打ちを受けた。

「一年生の癖に生意気」とか

「レギュラーになったからって、いい気になってるんじゃないの」

とか聞こえるように言われたこともあった。


近隣高校との練習試合だけではない。
紅白試合でも、色々とあった。

監督は監督なりに色々考えていた。

紅白試合、岬がフリーなのにわざとパスを出なかったりするのを見て、
メンバーチェンジしてみたりもした。

先輩達をさげ、今まで、岬と一緒にやってきた南葛からきた一年のメンバー入れてみたりもした。
確かに息はぴったりだけど、体格の面やスタミナを考えると、先輩達にまだ分かある感じだ。

岬を下げて、崎沼達と今まで一緒にプレーしてきた3年を入れてみる。

そうすると、やはり岬の実力がサッカー部のなかではいちばんだって感じてしまう。
八木橋キャプテンも、悔しいながらも、それは認めていた。
だからこそ、共存してもらう方法はと模索していた。

ただ、監督には別の考えもありそうだった。








放課後のサッカー部の練習、
今もまた、先輩がわざと大きく外した蹴りそこないのボールを拾いに行く岬がいた。

ボール拾いは1年生が交代でする。
最初の頃は、ただのミスキックかと思っていたのだけど、単なる嫌がらせの一環だと気付いてしまった。

岬自身もキャプテンも、監督も気付いていた。

そんな岬を心配して、キャプテンが後を追いかける。


ボールに追い付いた岬は、足の裏でボールを擦り足首と甲の間で止め、
自分の胸の高さまで蹴りあげた。
そしてそれをキャッチする。


ボールを追いながら、今までの事が頭に浮かんでいた。

キャッチした手に力が入る。
俯いた肩が、小刻みに震えていた。



心配したキャプテンが声を掛けようと、一歩踏み出す。


でも、瞬間、顔を上げ、
「大丈夫。負けない」
とつぶやく岬がいた。

その目は試合の時に見せる、あの真剣な眼差しだった。



岬の頭の中には、

『でも岬くんは、ちゃんと考えてるんだ?
 みんなが納得するプレーすれば勝てるって思うんでしょ?
 だったらそうすれば。いつまでも落ち込んでたってしょうがないでしょ。
 ねっ!そうでしょ?
 岬くんなら大丈夫!だって、岬くんは岬くんだから』


と言うあづみの言葉が聞こえていた。

フランスで今みたいな思いしていた時に、言われた言葉だった。

踵を返す岬。

その真剣な目と態度に飲まれたのか、
掛ける言葉とタイミングを失った八木橋は、辺りに身を隠した。

はあ~、なにやってんだ俺。
でも、あの様子なら大丈夫そうだ。

なんて事を思っていた。





パス交換からシュートの練習に入る。


「岬と、や・・・」

「監督、俺、岬と組みたいです」


監督は、キャプテンの名前を呼ぼうとした。
それを遮ったのは、田所だった。

名前を呼ぼうとキャプテンの方を向いていた監督と、キャプテンの視線がぶつかる。

「監督、僕も、田所先輩とやりたいです」

岬が同意する。
その声は、力強く、内に秘めたものを感じた。

「わかった」

監督も了承してくれた。

まあ、これくらいの試練乗り越えられるだろう。
いつかこのチームの中心になる奴だ。

監督にはそんな思いがあった。




田所は、思ったとおり、わざと高いパスだったり、強いパスを返してくる。
でも、あまり酷いパスミスは、自分たちの為にならないことも、先輩たちはわかっている。
だからこそ、微妙な位置へのパスを、岬に送っている。


しかし岬は、難なくトラップしたり、ダイレクトで返してくる。
それも、相手の一番欲しい位置取りやすい位置にぴったりと返す。


田所と岬のパス交換が終ると、次は崎沼が岬の相手に名乗りでる。
そして、同じこと同じ思いをすることとなった。


別の日の練習の紅白試合でも、田所や先沼と同じチームになると、
相手の欲しい位置にそれこそ、ぴたっと返してくる。



練習を通して岬は、自分から田所や崎沼相手に、
そういうプレーを何度も繰り返してきた。








その結果。







「やっぱ、すげ~な岬は!」

始めに感嘆の声をあげたのは、浦辺だった。


ある日の練習後の帰り、南葛中から南葛高に来たみんなと、浦辺が集まって話しをしている。

「ああ、あの嫌がらせしていた先輩達を、納得させちまうんだからよ」

石崎が自分のことのように得意気に言う。

「ああ、あんなプレーされたら、納得するしかないよな」

「それに、あの人懐っこい笑顔はやっぱずりぃな」

「なんだ感だでレギュラーだもんな」

他のメンバーも口々に言う。


「俺たちも頑張らないとな」

と感慨深げにつぶやくメンバーもいた。


「僕が凄いんじゃなくて、みんなのおかげだよ」

岬が頑張ってこれたのは、あづみのセリフだけではなく、
南葛のみんながいてくれたから。

南葛のみんなが、ただただ黙ってるわけがない。



石崎と浦辺は、先輩たちに殴り込みに行こうとしていた。


来生と滝と高杉は、そんなことしたら余計立場が悪くなると考えて、止め役に回った。

森崎と井沢は、キャプテンや監督に話し合いに行ったりした。

練習後、みんなでどこかに食べに行くのも日課となっていた。

これも、みんなが岬を心配しての行動だった。


「みんなでラーメンでも食いに行かないか?」

「練習後っておなかすくもんな」

誰からともなくこんなことを言い出し、みんなで行くことになった。


一度岬が乗り気でない態度を示したことがあった。

その時に、

「こういうのは、みんなで行かないと意味ないじゃん」

と井沢が強引に腕を取り、

「そうそう」

と、来生、滝が相槌を打った。

「そうなの?」

と言う岬に、

「そうなの」

と修哲トリオの三重音声が返ってきた。

この3人は、小さい頃から一緒の幼馴染みで、嬉しいことはもちろんの事、
辛いこと、落ち込んだことがあったときもいつも一緒だった。

だからこそ、こういう時に傍にいてやりたい。
なんて考えがあるようだ。

さすがに、岬も、みんな自分を心配して誘ってくれてる、
元気付けようとしてるって事に気付いた。











「みんなが励ましてくれたり、話つけようとしてくれたおかげだよ」


「何だ、気がついてたのか?」

「うん。ありがとう」

「そうか、そうだよな」

みんなは照れた顔を浮かべた。


こうして、先輩たちを認めさせ、レギュラーになることができた。

そして、インターハイの県予選に勝つことができた。







5はこちら
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。